一般社団法人日本医療法人協会のロゴです。一般社団法人 日本医療法人協会(クリックすると協会についてのご説明ページへ進みます)

 
トップページ 協会について 新着情報 ニュース リンク集 会員専用サイト アクセス お問合せ


トップ協会ニュース協会ニュース・2020年1月号
日本医療法人協会ニュース 2020年1月号

>全文購読はこちらへ 


新年のごあいさつ
 日本医療法人協会 会長 加納 繁照

新春特別対談 横倉義武・日本医師会会長に聞く
 政策課題・地域医療に「ONE TEAM」で臨む!
  横倉 義武 日本医師会 会長 × 加納 繁照 日本医療法人協会 会長

■新年のごあいさつ

■医療法人法人の七不思議...実務家から観た混迷の過去・現在・未来
  第四回 理事長の職務執行状況報告   公認会計士 五十嵐邦彦

医師の働き方改革に関するセミナー(1/25)の開催について

医療事故調査制度・医事紛争と院内調査に関するセミナー(2/17)の開催について

会員の皆様へ 〜e−mailアドレス登録のお願い〜

独立行政法人福祉医療機構 (医療貸付)貸付利率表
福祉医療機構サイト内金利情報へのリンクです。利率は随時更新されております)

●広告

医療関連サービス振興会松田マネジメントグループ日本医療事業協同組合


= 新年のご挨拶 =
〜 民間病院中心の地域医療構想に向けて 〜


日本医療法人協会  会 長  
社会医療法人協和会 理事長  
加納 繁照 

 
 本年は診療報酬改定が行われますが、昨年末、その改定率が決定しました。本体部分は0.47%の引き上げ、救急等の働き方改革への0.08%を含めると、0.55%の引き上げとなりました。薬価は約1%の引き下げとなり、全体では4回連続のマイナス改定となります。ただ、働き方改革の0.08%に関しては、2次救急病院への支援につながる内容となり、さらに、基金の部分での補填も考えられています。

 昨年9月、公立・公的病院で再編統合の検討要とされた424病院が公表されましたが、地域医療構想、調整会議の議論では、地方・へき地と都市部を分けて考えるべきであります。総人口が加速度的に減少する地方・へき地では、どの市町村にも公立病院を置くことが可能なのか、集約化しなくてよいのかの検討が必要であります。一方、これから高齢者が急増する都市部では、民間病院が急性期医療を積極的に支えているケースが多く、民間病院をいかに上手に活用するかが主眼となります。そもそも、人生100年時代の高齢者医療は、病院と在宅との問で、小生が唱える「輪廻転『床』」を繰り返すのに必要とされるケアミックス型の地域密着型急性期病院が主体であり、まさしく、民間病院が得意とする領域であります。

 最近、都市部での地域医療の崩壊を招きかねない公立病院の巨大病院化の動きを懸念します。当会の資料によりますと、ある2県立病院を再編し、ダウンサイジングしたと称しながら元の病院より巨大化して生まれ変わった兵庫県のある公立病院は、2017年度の収支報告では2億3000万円の黒字でしたが、実はそこには28億6000万円の繰入金が含まれており、実質的には約26億円の赤字です。同院への繰入金は、13年度の旧・2県立病院の合計金額の約1.5倍に増えており、毎年の赤字額は約3倍になっています。公立・公的病院の再編にあたっては病院規模の妥当性、周囲の病院に与える影響を十分に議論しなければなりません。

 大阪府においては、これらのことを考慮して、「大阪方式」として病院問調整会議において、公立病院の繰入金の状況について、過去4年分の繰入金の状況、繰入金算定項目の明示が求められることとなりました。また、救急搬送受け入れ実績等の評価についても、規模が大きな病院ほど上がる実績値だけでなく、実績値を各病院の急性期・高度急性期の病床数の合算で、割った値とし、病床単位での実績数も評価の対象としました。

 本来は、民にできることは民に任せるのが基本であり、将来の医療ニーズに鑑みて、公立病院の無理な拡張による地域医療の崩壊を防止するため、調整会議等でこれらをしっかりと提言していきたいと思います。また、民間病院を中心とした地域医療構想のさらなる充実に向けて、協会一同、逼進してまいりますので、ぜひとも多くの会員の皆様の声をお聞かせいただきたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

[ページトップへ]


〜ご意見・ご感想をお寄せください〜

 より良い誌面づくりのためにも、会員をはじめ読者の皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。宛先は事務局までお願いします。 (Eメール:headoffice@ajhc.or.jp


日本医療法人協会シンボルマーク→入会案内へ一般社団法人 日本医療法人協会

〒102-0071 東京都千代田区富士見 2-6-12 AMビル3階
TEL:03-3234-2438  FAX:03-3234-2507  e-mail:headoffice@ajhc.or.jp