一般社団法人日本医療法人協会のロゴです。一般社団法人 日本医療法人協会(クリックすると協会についてのご説明ページへ進みます)

 
トップページ 協会について 新着情報 ニュース リンク集 会員専用サイト アクセス お問合せ


トップ協会ニュース協会ニュース・2020年2月号
日本医療法人協会ニュース 2020年2月号


巻頭言
 日本医療法人協会 副会長 馬場武彦

特別レポート
 四病院団体協議会・令和2年賀調交歓会〜新年の集い〜
 「輪廻転床」を支える 地域密着型病院の重要性を共有

■新年のごあいさつ

■医療法人法人の七不思議...実務家から観た混迷の過去・現在・未来
  地域医療連携推進法人のさらなる混迷  公認会計士 五十嵐邦彦

令和2年度診療報酬改定説明会のお知らせ

会員の皆様へ 〜e−mailアドレス登録のお願い〜

独立行政法人福祉医療機構 (医療貸付)貸付利率表
福祉医療機構サイト内金利情報へのリンクです。利率は随時更新されております)

●広告

医療関連サービス振興会松田マネジメントグループ日本医療事業協同組合


巻頭言 〜 経営者が考えるべき「働き方改革」〜


日本医療法人協会  副会長  
社会医療法人ペガサス 理事長  
馬場 武彦 

 
 私は現在、「医師の働き方改革の推進に関する 検討会」の構成員を務め、議論に参加していますが、本来求められる「働き方改革」はもっと多面的であると考えています。私が経営している社会医療法人ペガサスでは、人材を雇用する際に「雇用の3つの視点」を思い起こすようにしています。
 
 1)働きやすい環境か?
 2)やりがいのある仕事か?
 3)仕事以外も充実しているか?


 以下、当法人の取り組みをご紹介しましょう。

1)働きやすい環境か?
 当法人の馬場記念病院では「べがさす院内保育所」を設けました。女性医師に利用してもらうことを想定したのですが、利用者は看護師や介護職にも広がっています。「ペガサスキッズルーム」は小学生を対象にしたものです。学童保育の終了までに小学校へ迎えに行き、宿題や復習、予習の面倒もみています。スタップは小学校教諭と臨床心理士有資格者。さらに、関連法人である社会福祉法人風の馬でペガサス保育園を開設しています。利用者は法人職員に限定しませんが、やはり法人職員も一定程度の利用が見られます。
 一方、職員本人の支援にも力を入れており、職員の悩みをともに考えるペガサスメンタルサポートセンタ一、退職や異動希望、福利厚生の相談まで受け付ける職員サポートセンターがあります。 後者は人事課、庶務課、厚生課、健康保険組合がパックアップしています。

2)やりがいのある仕事か?
 「病院ならでは」を打ち出しやすいテーマでしょう。医療職にとどまらず介護職のキャリアアップ 支援にも力を入れています。一方、医師にやりがいを感じてもらう取り組みとして、「ペガサスカレッジ」を開講。疾病に関する学術的な解説から英会話まで、さまざまなプログラムを揃えています。これは医師は基本的に自主性を尊重し、「放任」にしたほうが本人のモチベーションは上がると考えているからです。むしろ、日常業務内で事務作業の負担を軽減したり、外来担当を抑えたりといったほうが「やりがい」を感じてもらえるでしょう。

3)仕事以外も充実しているか?
 ペガサス大運動会、ペガサス球技大会、職員親睦旅行、ボーリング大会、スキーツアー等職員が楽しめるイベントをいろいろ用意しています。さらに、エステサロンと法人契約を結んで月2回程度、ワンコインマッサージを受けられるようにしています。変わったところでは、職員の婚活パーティーを開催。昨年、1組のカップルが誕生しました。これが続けば、家族代々でペガサスで力を尽くしてくれるという期待も膨らみます。

 検討会では「従事時間」ばかりに焦点があたっていますが、こうした取り組みこそ、経営者が考えるべき「働き方改革」の本筋ではないでしょうか。

[ページトップへ]


〜ご意見・ご感想をお寄せください〜

 より良い誌面づくりのためにも、会員をはじめ読者の皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。宛先は事務局までお願いします。 (Eメール:headoffice@ajhc.or.jp


日本医療法人協会シンボルマーク→入会案内へ一般社団法人 日本医療法人協会

〒102-0071 東京都千代田区富士見 2-6-12 AMビル3階
TEL:03-3234-2438  FAX:03-3234-2507  e-mail:headoffice@ajhc.or.jp