TEL:03-3234-2438e-mail:headoffice@ajhc.or.jp

日本医療法人協会ニュース 2022年5月号

協会ニュース一覧へ

■巻頭言
 日本医療法人協会 常務理事 伊藤 雅史


特集企画
 巧妙化するサイバー攻撃 医療法人も防御対策が必須に


■特別報告
 地域医療構想及び医師確保計画に関するワーキンググループ
 2025年以降の「ご当地医療」を見据えた地域医療構想の必要性を訴えていく
  日本医療法人協会 会長代行
  社会医療法人大雄会 理事長 伊藤 伸一

■特別インタビュー
 医療機関の宿日直許可申請に関する相談窓口
 セーフティネットと 事前相談の役割を期待
  日本医療法人協会 副会長
  社会医療法人ペガサス馬場記念病院 理事長・院長 馬場 武彦

■自見はなこ参議院議員の国政レポート 第22回
 医療機関の適切で円滑な医師の働き方改革推進に資する

医療機関の宿日直許可申請に関する相談窓口の設置について
 →相談窓口サイトはこちらへ
●春の叙勲・褒章について
「第1回経営講座」(6/30)参加者募集について
「医師事務作業補助者研修」(6/4・11)参加者募集について
独立行政法人福祉医療機構貸付利率表
●編集後記


巻頭言
 「働き方改革」によって実現すべきこと 2025年以降の地域医療構想について

日本医療法人協会 常務理事・ 東京都支部長
社会医療法人社団慈生会 等潤病院 理事長・院長
伊藤 雅史

 2007年4月に慈生会等潤病院の理事長・院長に就任したが、当初から2つの危機惑を抱いていた。一つは病院存続に関する危機惑、もう一つはマネジメント不在の危機感だ。前者を解決するために「断らない救急の実現」「質の高い医療の追求J など地域に必要な病院になるための取り組みを進めてきたが、並行して、マネジメント、なかでも「人事管理」に注力した。病院が何に取り組むにせよ、現場の人たちがやりがいや満足感を得られなければ目標は逹成できないし、達成できたとしても長続きしないと考えたからだ。何より、職場の雰囲気が暗ければ患者さんの評判にも支障が出る。

 就任半年後に実施した職員満足度調査で、特に評価が低かったのが「給与制度」。「自分の頑張りを誰がどう評価しているのか」は誰でも気になるし、同じ職責であるにもかかわらず給与に差があれば、経営層への不信につながる。翌年、人事評価制度を抜本的に見直し、資格等級制度や人事評価制度、目標管理制度、人事考課判定会議などを導入し、透明性を高める仕組みに改めた。

 また「休みが思うように取れない」「残業時間が多い」といったことも満足度を引き下げる要因だ。「平成29年度医療分野の勤務環境改善マネジメントシステムに基づく医療機関の取組に対する支援の充実を図るための調査研究報告書」では、時間外労働・月労働時間が多い医師・看護職は勤務環境に不満を抱いており、睡眠時間が十分に取れていない割合も高く、「健康ではない」と回答した割合も高かった。当会では、ワーク・ライフ・ バランスを重視した施策を進め、院内保育所などの整備にも取り組んだ。

 現在の医師の働き方改革論議は、どうしても 「現行の医療提供体制をどう維持すべきか」との論点が重視されがちだ。もちろんそれは菫要だが、 働きやすい環境をどう実現するかという視点も、 病院経営者は忘れるべきではないだろう。それに、働きやすい環境づくりが病院にもたらす経営上の メリットは大きい。等潤病院の看護師離職率は現在、約10%の水準で落ち着いている。実は2011年に「東京都ワーク・ライフ・バランス認定企業」 に選ばれているが、この時でも約35%だったことを考えると、隔世の惑がある。人材紹介会社への手数料は当時の30分の1程度に収まっている。

 このような働きやすい環境づくりへのもう一つの取り組みとして、医師の事務作業負担軽減がある。10年以上前から診断書作成ソフトを導入し、事務スタッフが下書きをし、医師が確認してサインをもらうという体制を構築していて、現在、医師事務作業補助者は10人を擁する。日本医療法人協会東京都支部で毎年開催している「医師事務作業補助者研修」はそうした医師事務作業補助者のスキルを高める一助になる。全国からの受講が可能なので、ぜひご検討いただきたい。


特集企画
 巧妙化するサイバー攻撃 医療法人も防御対策が必須に

 昨令、医療機関を標的としたランサムウェアによるサイバー攻撃の事例が増加している。加速度的に発展していく情報社会のなか、患者の心身に関する情報を取り扱う医療機関も、自院のサイバーセキュリティ対策を整備することが、経営課題の一つとなるだろう。本企画では、四病院団体協議会が3月に公表した 「セキュリティアンケート調査結果(最終報告)」の概要を紹介するとともに、医療分野の情報セキュリティに通じる有識者に解説いただいた。

(以下、略)


~ご意見・ご感想をお寄せください~

 より良い誌面づくりのためにも、会員をはじめ読者の皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。宛先は事務局までお願いします。 (Eメール:headoffice@ajhc.or.jp

アクセス

東京都千代田区富士見
2-6-12 AMビル3階
TEL:03-3234-2438
FAX:03-3234-2507
E-mail:
headoffice@ajhc.or.jp