TEL:03-3234-2438e-mail:headoffice@ajhc.or.jp

第39回全国医療法人経営セミナー

(2024年(令和6年)11月16日(土) 開催)

開催概要 / ■プログラム / ■参加案内



画像提供:横浜観光情報

当協会が毎年開催しております全国医療法人経営セミナー につきまして、2024年度(令和6年度)の第39回開催は、神奈川県横浜市にて11月16日開催です。

>2023年(令和5年)第38回の模様はこちら。

開催概要

主 催  一般社団法人日本医療法人協会
 日本医療法人協会神奈川県支部
   
共 催  公益社団法人神奈川県病院協会
 公益社団法人横浜市病院協会
 公益社団法人川崎市病院協会
 公益社団法人相模原市病院協会
   
後 援  公益社団法人日本医師会
 一般社団法人日本病院会
 公益社団法人全日本病院協会
 公益社団法人日本精神科病院協会
 一般社団法人日本社会医療法人協議会
 公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会
 神奈川県内医療関係団体、他
 (順不同・申請中の団体を含む)
   
日 時  2024年(令和6年)11月16日(土)  9:00から
   
テーマ

「今日的医療経営の地平線」

 パンデミックとなった新型コロナの嵐がヤマ場を超えつつある中で、2024 年の年明けは、能登半島地震の大きな揺れに始まりました。東日本大震災以降、最大の被害をもたらした自然災害は、被災地での医療のあり方だけでなく、改めて我々医療に関わる者に対して、危機時の医療や人口減少地域での医療提供のあり方を問うものとなりました。

 一方、かつて2025年問題といわれていた様々な課題が、次から次へとのしかかるような影を落としながら過ぎていきます。課題は解決したわけではなく、より深刻な状況が続いています。また、トリプル改定となった2024 年社会保険診療報酬改定では、本体が0.88%の引き上げとなりましたが、「全世代型社会保障構築」の名の下に、医療費は、今後も、少子化対策や、防衛費予算の確保などとせめぎあう状況が続きます。診療報酬改定の6月施行を踏まえて、新たな地平線を臨むことになるでしょう。

 さらに、2023年6月に公表された2022年の出生数(概数)は、77万余人で、統計を取り始めた1899年以降、初めて80万人を割って減少傾向はさらに続きます。今まさに、すべての働き手が減り続ける、我が国がこれまでに経験したことのない高齢・少子社会の急坂の途中にあります。

 我々医療関係者は、パンデミックや災害など医療危機事態への対応が重なる中で、働き方改革と地域医療の持続的提供を両立させ、医療人材や医療資源の偏在を克服しつつ、それぞれの地域に相応しい地域医療構想の推進を図るという、極めて困難かつ単一の医療機関では解決できない多くの課題に直面しています。

 将来を見通し、問題意識を持ってお互いの連携を一層強めることで、様々な課題に立ち向かい、負の遺産ではなく、明るい未来を展望できる医療経営を次の世代へと引き継いでいきたいと思います。そのことが、持続的、発展的に国民に良質の医療を提供することにつながることだと信じています。

 さあ、開国の地、横浜に集い、医療経営の地平線を見通して見ませんか。

   
会 場  横浜ロイヤルパークホテル 宴会棟3階 鳳翔(予定)
 〒220-8173 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3
    (横浜ランドマークタワー内)
  TEL. 045-221-1111(代表) >アクセスはこちら


※本セミナーに関する情報については、2024年2月時点における予定ですので変更等の可能性もございます。内容につきましては、随時こちらのページにて掲載して参ります。

プログラム

※準備出来次第ご案内致します。

参加案内

※準備出来次第ご案内致します。


画像提供:横浜観光情報

アクセス

東京都千代田区富士見
2-6-12 AMビル3階
TEL:03-3234-2438
FAX:03-3234-2507
E-mail:
headoffice@ajhc.or.jp